保険の支払いの多さに悩んでいます。年代別の理想の支払額より多いので、見直しをしようとしているところです。

イザという時のがん保険の知識集
イザという時のがん保険の知識集

家計を悩ませる保険の支払額の多さ。

最近は株価も上がり去年は円高、円高と騒いでたのが嘘のようです。ニュースを見ればデフレ脱却と景気をあげるために頑張っている様子が伺えます。ですが、一般サラリーマンの我が家には、景気がよくなってると言う期待感よりもデフレで者の値段が上がり家計を圧迫するほうが不安です。そこで、節約しなくていけないと思い家計を見直してみました。ただ見るだけじゃ何も分からないので、我が家の様に30代、子供ありの家計の平均、理想の支出の割合を調べてみました。驚いたのが、同世代、同じような家族構成の所とりも保険の支払額が2倍以上あったと言うことです。家計の苦しい原因が分かりました。

そもそも、主人の保険は独身時代は義両親が払いっていたものです。私の保険も結婚して同居してたときに加入したものです。今は、別居し、子供が二人。賃貸暮らしなので家賃に光熱費、依然と変わらぬ収入で支出は倍以上に増えているのです。これで以前のままの保険料を支払っていたら家計が苦しいのは当たり前です。保険料の支払いが家計を圧迫していたら何のための保険か分かったものじゃないと思います。自分たちに見合った保険の支払い額に変更しなくてはいけないと思っています。お金がかかるところにはしっかりかけて絞れるところはしっかり絞り賢く家計を管理しなければ、これからの生活が厳しくなる一方です。一番、面倒だけど、大きな支出額が変わる保険料の見直しは絶対に必要です。節約を心がけている人はまず保険の支払額を見直してみてはいかがでしょうか?

Copyright 2019 イザという時のがん保険の知識集 All Rights Reserved.