経済的に余裕のない生活でも、抱える不安払拭のため生命保険や損害保険に多く加入し支払額が生活費を圧迫しそうです。

イザという時のがん保険の知識集
イザという時のがん保険の知識集

支払額が生活費を圧迫しかねない生命保険や損害保険加入過多

我が国は家庭で必要とする家電や人手の代替をしてくれる機器や設備等が行き渡って日常生活の利便性がすっかり増して、ハード面ではマイホーム、マイカーあるいは生活必需品等がどこの家庭にも揃った状態になりました。ところが、パソコンの普及し出した頃から簡単な事務作業はパソコン処理できて人出がかからなくなって便利な社会になった半面、働く場がなくなって経済的に余裕のない生活を送る人が増えたり、非正規雇用で将来不安を抱えながらの生活などにより、精神面、肉体面で様々なストレスがかかってしまい健康を害する人も増えてきました。その上、我が国の社会は少子高齢化の傾向が今後もますます進みそうなので、経済的には国や自治体あるいは周囲の家族や親せきに頼れる時代でなくなりつつあり、自己責任を求められる時代です。

従って、経済的に追い込まれる家庭がとても忙しない生活を送っているせいか、このような経済面、精神面及び肉体面の入り混じった不安感を払拭する術の一つとして様々な保険加入を捉えることができます。我々の両親が現役の頃は保険も家族の医療保険と自宅の火災保険程度に加入してあれば一安心していたものですが、我々の世代では生命保険はガン保険や学資保険を追加しなければならないし、自宅には地震保険付保も必要不可欠になり、更にマイカーを所有していれば最低でも対人、対物保険に車両保険や搭乗者保険程度は加入して当然な社会環境です。多くの国民の不安感払拭希望に応えて民間保険会社がその他にもさまざまな損害保険等の保険サービスを用意しています。我々が生活上の不安感を払拭しようとして保険加入を増やすと保険料支払額が膨らんで生活費に食い込みかねないので注意する必要があります。

Copyright 2019 イザという時のがん保険の知識集 All Rights Reserved.